※現在、郡山支店のカタログ請求及び工事のご依頼を休止させていただいております。

スタッフブログ 郡山支店

郡山支店 “福島”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

店長&建築士の貴船です。

このサイトをご覧のあなたは、建物だけではなくお庭やエクステリアにもこだわりを持ち、

「どうせお金を払うならよりよいものを選びたい」と思っていらっしゃると思います。

しかし、現実はどうでしょう?

福島県内の主要都市(福島市・郡山市・いわき市・会津若松市等)

におけるエクステリア工事・外構工事は、私の目からはこのように見えます。

●ダサい。

 → デザインが古過ぎる

●ムダが多い。

 → 細部が考えられていない。

●使いにくい。

 → 住む人の生活のことが全く考えられていない。

●スカスカ。

 → 広さが全く活かせていない。

●チープ。

 → 使う素材の選択を間違えている。

●すぐ飽きる。

 → デザインがコテコテ。

●ムダに高い。

 → 内容と金額が合っていない

どの通りを見渡しても、目を奪われるような洗練されたエクステリアを

目撃することはほぼありません。「住めればいい」という諦めさえ感じられます。

エクステリア・外構工事というのは、どんなに小さな規模、小さな敷地であっても

「フルオーダー」で作らざるを得ません。

安くていいものを作ることが難しいのは想像できると思いますが、問題は

「お金をかければいいものができる」

と思っている人が非常に多いということです。

「え、違うの???」

と思ったあなた。

とても危険です。

断言しましょう。

お金をかける「だけ」では、本当に満足できる、飽きのこない、

自慢できるエクステリアは作れません。

本当に必要なものは何か・・・

こちらで包み隠さず明らかにしています。

癒樹工房は、東京・神奈川・千葉・埼玉に
合計10の拠点を持ち、工事件数を絞ることで

質の高いサービスを求めるお客様に
「本物の満足を」提供しつづけています。

首都圏では、極端に狭い敷地や高低差のある敷地、変形・異型地でのエクステリア工事を数多く手がけています。


そんな難しい工事から得られた経験を、福島のお客様に提供できることのメリットは計り知れません。

福島県内のエクステリア・外構工事店で、首都圏でも工事を行っている会社はどれだけあるでしょう?

建物の解体は建築費の1/10ほどで済みますが、エクステリアや外構工事の解体は、場合によっては作った時と同じくらい、

またはそれ以上かかります。

失敗したらやり直すことは出来ますが、費用の問題から、実現しないことがとても多いのです。

ですから、あなたが今すぐに決断すべきなのは、

「今検討しているプランや見積もりでは
工事をしないこと」
です。


エクステリア工事店やホームセンター、ハウスメーカーなどが作成したプランや見積もりを拝見する機会が多いのですが、

私から見たら95%以上が「ボツ」です。

私ならお客様に見せる前に破り捨てるようなものも数多く見受けられます。

2度も3度もお庭の工事をしたくない方、本物の提案に触れて見たい方、

まずはこちらから無料カタログをご請求下さい。

店舗案内・施工可能エリア 郡山支店

所在地 〒963-8861 福島県郡山市鶴見坦1-1-26
責任者(店長) 貴船 慶智
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

■福島県
郡山市・福島市・二本松市・須賀川市・白河市・いわき市会津若松市・安達町・本宮町・大玉村・白沢村・三春町・小野町平田村・岩瀬村・長沼町・天栄村・鏡石町・玉川村・石川町・矢吹町西郷村・泉崎町・大信村・矢吹町・中島村

スタッフ紹介 郡山支店

ガーデンコンサルタント

貴船 慶智 (きぶねよしとも)

生年月日 1967年1月26日
出身 福島県猪苗代町
血液型 A型

家業が建築設計事務所だったことから、幼い頃より製図版で線を引いて遊んでいました。
小学生の頃は、冬は学校が終わると毎日のように近くのスキー場に行き、ナイターが終わるまで
家に帰らない子供でした。

現在は子供達が成人したこともあり、家族で老舗のバーや美味しいお酒のいただけるお店を探訪したり、
音楽が好きで、小さなライブハウスから海外ミュージシャンのライブまでチャンスがあれば何でも楽しんでいます。

1996年に独立し、デザインオフィスグレインを設立。時代を敏感に捉え、
常にフレッシュな気持ちで設計に臨み、木造注文住宅、店舗併用住宅や店舗を手掛け、
その数は気が付くと1000棟を超えました。

エクステリアは実用性があることはもちろんですが、感性を豊かにしたり、
人を癒す効果を持ち合わせなくてはならない空間であり、人が暮らす上で重要なスパイスになります。
これまでの経験を活かし、多方面から検討をした上で計画し、
更には見る人がときめくようなデザインを心がけています。